イギリス貴族系大富豪の帝国FX「Sir・SYSTEM」 > 過去ログページ
2012年10月14日

FXって何?

FXって何?

松井証券ホームページより

FXとは外国為替取引のことで、『2種類の通貨を交換する取引』をいいます。英語でForeign Exchange、略してFXと呼んでいます。


例えば、海外旅行に行く時に手持ちの日本円を米ドルに変える場合、「その時の取引レートで、日本円を売って米ドルを買う取引」をしますが、これが外国為替取引になります。そして、外国為替取引が行われているところなら、どこでも外国為替市場と呼びます。


FXは外国為替取引全般を指す言葉ですが、現在は、『外国為替保証金(または証拠金)取引』を指すのが一般的です。取引レートは刻々と変化し、24時間、地球上のいずれかの地点で取引されています。


為替差益を狙う

1USドル当たりの取引レートが78円であれば、この時点で1USドルを買うには78円が必要です(手数料等を除く)。しかし外国為替市場では通貨の交換レート、つまり「為替レート」が常に変動していますので、更にUSドルを買いたい場合や、逆に日本円に戻したいときには同じレートとは限りません。

FXではこの為替変動を利用し、投資家自身の予測に基づき収益を狙うことが可能です。

具体的には、今後、外貨が上昇すると考えるなら、外貨の買いポジションを持ち、将来、転売して決済する、つまり「外貨を安く買って、高く売る」ことになります。

反対に、今後、外貨が下落すると考えるなら、外貨の売りポジションを持ち、将来、買戻して決済する、つまり「外貨を高く売って、安く買戻す」といった取引が可能です。


スワップポイントを狙う

FXは、2種類の通貨の交換取引であり、通貨毎に金利は異なります。
そのため、金利差を調整することになり、この金利差調整金を「スワップポイント」といいます。

例えば、高金利のA通貨と低金利のB通貨があり、投資家が金融機関を通じて、外国為替取引における“A通貨/B通貨の買い”ポジションを持つとします。この場合、A通貨買い、B通貨売りの取引を行うことになるので、保証金を入れたうえで、A通貨を買うためのB通貨を金融機関から借入れてB通貨を売り、買ったA通貨はそのまま預けることになります。

そのため、投資家は借りているB通貨の金利を支払い、預けているA通貨の金利を受取ることになります。

このように、FXでは低金利通貨を売って、高金利通貨を買えば、「スワップポイント」が受取れます。反対に、高金利通貨を売って、低金利通貨を買えば、「スワップポイント」を支払うことになります。


この金利格差に着目した投資方法も、多くの投資家から注目されています。
posted by 帝国FX at 16:28 | FXって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替保証金取引とは

外国為替保証金取引とは

松井証券ホームページより


NetFx(外国為替保証金取引)
NetFx(外国為替保証金取引)は、実際の取引金額よりも少ない資金で、大きな額の外貨を売買可能にする取引手法です。外貨を対円で「売り」から始めることができるため、円高が進行している最中にも利益を上げる機会があります。

また、平成24年1月1日以降、店頭デリバティブ取引の差金等決済に係る雑所得等も、先物取引に係る雑所得等の課税対象として、一律20%の申告分離課税になりました。これにより、平成24年1月1日以降のNetFxでの譲渡損益は、国内の先物・オプション取引、大証FX取引との損益通算が可能になりました。(夜間先物取引との損益通算はできなくなりました。)

NetFx(外国為替保証金取引)なら外貨を対円で「売り」から始めることができるため、外貨預金・外貨MMFでは対応できない円高進行中でも利益を上げる機会があります(※)。
また、お客様からお預りした現金を保証金として、実際の取引金額よりも少ない資金で大きな額の外貨の売買が可能で、ロスカット幅を相場状況に応じて設定することにより損失許容額と取引に必要な保証金額を変更することができます(※)。

※NetFx(外国為替保証金取引)は差入れる保証金額と比較して取引金額が大きいため、差入れている保証金を超える損失が発生する可能性があります。
※急激に為替価格が変動した場合、ロスカット機能で設定した価格から大きくかい離した値段で約定する可能性があります。その結果、当初設定していたロスカット幅を超えて差入れている保証金額を上回る損失が発生することがあります。
posted by 帝国FX at 16:26 | 外国為替保証金取引とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月07日

ワンタイムFX ライト

ワンタイムFX ライト
『ワンタイムFX ライト』は、ポンド円、ドル円の2通貨ペアを対象とした毎朝1回のトレードで利益を上げることを目的としたシグナル配信サービスです。





『ワンタイムFX ライト』は、ポンド円、ドル円の2通貨ペアを対象とした毎朝1回のトレードで利益を上げることを目的としたシグナル配信サービスです。

2通貨運用のメリットは、1通貨の運用に比べ、安定した運用が期待できます。

特に初心者の方や資金の少ない方は、偏った投資戦略で運用しがちですので、本サービスでは、リスクヘッジの観点からポートフォリオを組み、リスクを分散して運用いただくために、2通貨ペアを対象とした配信を行います。


ワンタイムFX ライト
社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法。
posted by 帝国FX at 14:16 | ワンタイムFX ライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イギリス貴族系大富豪の帝国FX「Sir・SYSTEM」